トップ

耳鳴りを音で判断する

耳鳴りになるメカニズムとは一体

耳鳴りのメカニズムとは

日常の中でふと、耳の奥でキーンという音が響いたり、ブーンという低い音が鳴っていたりするという状態に悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。耳鳴りにお悩みなら、まずは原因と対処法に関する知識をしっかり身につけておくことが必要です。

実際に音が鳴っていないにもかかわらず、耳の奥で金属音や低温などの不快感を覚える音が鳴っている状態は、ひとまとめに耳鳴りと呼ばれています。まずは、耳鳴りがなぜ起こってしまうのかというメカニズムについて、詳しく見ていくことにしましょう。

人の耳は大きく分けて「外耳」「中耳」「内耳」の3ヶ所に分かれています。外耳は耳の外側の部分であり、耳の穴である「外耳道」までが含まれます。中耳は鼓膜の奥にある部分、内耳はそのさらに奥の部分のことを指します。

日常の中の音は、まずは外耳道に入り込んで鼓膜を震わせます。鼓膜の震えが耳小骨と呼ばれる骨を経由して内耳に伝わり、震えは内耳で増幅されてさらに奥にある蝸牛と呼ばれる渦巻き状の器官に伝わります。

蝸牛内にはリンパ液が満ちており、その液を通じて蝸牛の基底板とつながった感覚細胞に伝わります。感覚細胞が震えを信号に変えて大脳に伝達して初めて私たちは音を認識することができるのです。

耳鳴りはこの外耳から中耳、内耳、感覚細胞、そして脳という流れの中のどこかに原因があるということになります。音が伝わる過程でどこかに異常が生じていることで、耳鳴りとして症状が現れてしまうのです。

多くの場合、異常の根本的な原因はストレスです。脳に過大なストレスがかかってしまうことにより、脳を起点として音が伝わるまでの道のりの間に、何かしらの異常が起きてしまうことで耳鳴りが生じてしまうのです。 

Copyright © 耳鳴りになるメカニズムとは一体. All rights reserved.